何よりもまずは自然災害の対策を万全に

今年もいよいよ師走の時期を迎え、どの企業も忙しさを窺わせていますね。
振り返ってみると、大きな話題として取り上げられた都知事選やアメリカ大統領選がまず私の頭に浮かんできます。
次に浮かぶのは、自然災害。大規模な地震がまた目立ってしまった年にもなりましたね。
自然災害と呼ぶべきではないかもしれませんが、福岡での道路陥没の件も驚きました。
女性たちの活動や日本の社会情勢を毎日気にかけている私ではありますが、やはり予期せぬ自然災害のニュースにはいつも怯えさせられます。
それは、ほんの少し忘れた頃にやってくるからです。大きな地震が起こったあとでも、周囲が以前のような日常を取り戻し始めると、またやってきます。
自然災害の恐ろしい部分は、実際のところたくさんあり、人体の損傷をはじめ・建物や資産や書類等の紛失の恐れ・そしてそれを利用した犯罪などもあります。
被災した方の気持ちを考えるだけでも切ないですが、その上に犯罪被害に遭ったという話を聞くだけでも心からショックを受けました。
治安が良いといわれている日本ですが、実際問題は事件ばかりを取り上げるニュースばかりが毎日流れています。
どうにか助け合い精神を全国民が全力で発揮できればな、と思う師走のある日でした。