統率する事に性別は関係ない

都知事選で見事当選したのは、小池百合子氏でしたね。
前回もピックアップした都知事選ですが、今回もその話題でひとつ。
それは、この度の都知事で「初めての女性都知事が誕生した」ということです。
当選時には各メディアで「初の女性都知事!」と大きく見出しが掲げられましたよね。
私の胸の中でも、その当選は女性の社会進出へ大きな動きをつける始まりかとも思ったのです。
その反面、いつか性別を前に押し出した記事がなくなるほどに、女性進出が増加してほしいと切実な想いも出てきました。
そのためには、まず人々に「違和感」を覚えてもらうことからスタートとなるでしょう。
女性が統率するということを「今までにない変化」だという認識をしてもらい、印象づけます。
印象づけたら、そこからが勝負。それを人々の中に「定着」させるのです。
「定着」には「継続」「信頼」が必要なため、女性の頑張りが効いてくるでしょう。
その違和感の始まりが今この時であればいいなと願いながら、私への励みにもなりました。