問題提起をしていきましょう

最近は、都知事選のニュースで世の中が大盛り上がりですね。
どの候補者も政策の中に盛り込んでいたテーマのひとつとして、嬉しいことに「待機児童解消・緩和」が挙がっていました。
日本の首都である東京都が目を背けず、その事項について真剣に取り組み、そして念願叶って解消することが出来れば、その良い流れはどんどん地方へも繋がっていくでしょう。
まずは大きい首都や人口の多い県が保育所などの施設を今までにない良いものにしていけば、他県の人々もその環境を求めるようになるでしょう。
そして多くの県民が求め、保育に関する欲求行動を起こせば、県知事もより増して問題と向き合い、それが改善につながるかもしれません。
保育所が増え、保育士が増え、どんどん待機児童が居なくなればどれだけスムーズなのでしょう。
しかし昨今問題は悪化していますよね。ですが、それで良いのです。
すぐに解決出来ないのであれば、問題や疑問をどんどん声に出していけばいいのです。
声に出さなければ、県庁だって耳も傾けず目も向けないのですから。
あなたの一声が県内の情勢を変えるかもしれませんよ。