アーカイブ | 8月 2016

オリンピックの経済効果

オリンピック開催年の2016年8月は、オリンピックムード一色ですね。
日本も、2020年に東京オリンピックが開催地として選ばれたことは、皆さんご存知かと思います。
2020年の開催地決定で、日本中が歓喜をあげた大きな理由は「経済効果」とも言えるでしょう。
今までのオリンピックはその開催地へ、大きな黒字の経済効果を与えてきました。
2008年の北京オリンピックでは、中国が過去最高の経済利益を得ています。
大きい金額で投資したにも関わらず、大きな利益を生んだそうで、直接的な効果だと約4兆7000億円、そして波及効果としては約10兆2000億円ともいわれているのです。
2020年の東京オリンピックでは、現段階で約1~2兆円を予定。
他国よりはリーズナブルな予算ではありますが、新幹線開通など国内で今も動きは着々と進んでいます。
オリンピックを通じて「安心・安全」を貫く日本を世界の若者たちに発信し、オリンピック以降も経済効果が得られるような「おもてなし」を、私たちひとりひとりが今から充分に計画しておくべきですね。

この投稿は2016年8月25日に公開されました。

統率する事に性別は関係ない

都知事選で見事当選したのは、小池百合子氏でしたね。
前回もピックアップした都知事選ですが、今回もその話題でひとつ。
それは、この度の都知事で「初めての女性都知事が誕生した」ということです。
当選時には各メディアで「初の女性都知事!」と大きく見出しが掲げられましたよね。
私の胸の中でも、その当選は女性の社会進出へ大きな動きをつける始まりかとも思ったのです。
その反面、いつか性別を前に押し出した記事がなくなるほどに、女性進出が増加してほしいと切実な想いも出てきました。
そのためには、まず人々に「違和感」を覚えてもらうことからスタートとなるでしょう。
女性が統率するということを「今までにない変化」だという認識をしてもらい、印象づけます。
印象づけたら、そこからが勝負。それを人々の中に「定着」させるのです。
「定着」には「継続」「信頼」が必要なため、女性の頑張りが効いてくるでしょう。
その違和感の始まりが今この時であればいいなと願いながら、私への励みにもなりました。

この投稿は2016年8月15日に公開されました。

問題提起をしていきましょう

最近は、都知事選のニュースで世の中が大盛り上がりですね。
どの候補者も政策の中に盛り込んでいたテーマのひとつとして、嬉しいことに「待機児童解消・緩和」が挙がっていました。
日本の首都である東京都が目を背けず、その事項について真剣に取り組み、そして念願叶って解消することが出来れば、その良い流れはどんどん地方へも繋がっていくでしょう。
まずは大きい首都や人口の多い県が保育所などの施設を今までにない良いものにしていけば、他県の人々もその環境を求めるようになるでしょう。
そして多くの県民が求め、保育に関する欲求行動を起こせば、県知事もより増して問題と向き合い、それが改善につながるかもしれません。
保育所が増え、保育士が増え、どんどん待機児童が居なくなればどれだけスムーズなのでしょう。
しかし昨今問題は悪化していますよね。ですが、それで良いのです。
すぐに解決出来ないのであれば、問題や疑問をどんどん声に出していけばいいのです。
声に出さなければ、県庁だって耳も傾けず目も向けないのですから。
あなたの一声が県内の情勢を変えるかもしれませんよ。

この投稿は2016年8月4日に公開されました。