アーカイブ | 6月 2016

世界基準では男女格差が埋まっていない日本

女性の社会進出について日々考える中、根本的な原因についても触れてみることにしました。
どうして女性は会社で昇進していくことが珍しいのか、なぜ取締役までの昇進は見込めないと思い込んでしまう人が多いのか、と。
そこでたどり着いた先は、「日本は男女平等というのは言葉だけが先行していて、根付いていないから」という考えです。

それは、数字にも表れています。
「世界平等度ランキング」と呼ばれる、男女格差がどれほど埋まっているかを示す調査の順位を参照してみました。
145国が調査されている中、自国である日本は101位という平均以下の位置にあったのです。

昨今は結婚後も共働きが珍しくなく、子供が産まれても「育メン」と呼ばれる男性育児がメディアでも取り上げられている日本だとはいえ、世界基準で考えてみるとまだまだ遅れをとっているのです。
では、他国でどのように女性が活躍しているというのでしょうか?
またそれは、次回にお話しますね。

この投稿は2016年6月27日に公開されました。

女性の未婚率

女性の社会進出については、前回待機児童を取り上げました。

現在、日本では女性でも結婚せず働いている方も多くいらっしゃいます。
ひと世代前の時代と比べると、企業での就職率だけでなく幹部職への起用率も高まりました。やはり女性の社会進出が進でいる傾向がわかりますね。

日本では未婚率が年々上昇しており、現在30代の女性の6割は未婚という数値も発表されています。
いわゆる「シングル」というカテゴリです。
この内訳としては、結婚できない……ではなく、結婚という選択をしないという方たちも多いのです。
未婚ではなく「非婚」ですね。
または、「結婚する」「結婚しない」どちらでも選べるように準備しておくという女性も増えているということです。

自立する考えの女性が増えてきたことも起因となって、女性の社会進出が今後ますます加速していくのは明らかですね。

この投稿は2016年6月2日に公開されました。